金融機関から借入をしたい時・した時

金融機関から借入をしたい時・した時
金融機関から借入をしたい時・した時

人生において、本当にお金が必要な時って何度かあります

28歳 女性
人生において、本当にお金が必要な時って何度かあります。結婚資金に出産資金に子供の教育資金など、本当にお金が100万円単位で必要になる時って、よく考えると人生において結婚たくさんある話です。

お金がすごく必要な時に限って、銀行の残高が全然無かったり、貯金がほとんど残っていない状態になっているものです。
こんな時に、気軽に金融機関からお金の借り入れをすることができたらいいのにと、つくづく思ってしまいます。最近では、この不況の影響なのか、銀行への借り入れが非常に多いそうです。
事実、私の会社の上司も子供の教育資金のために、金融機関から借り入れをしたそうです。
子供に奨学金などを利用させないで、親がこうして金融機関から借り入れをして、子供の教育資金の金策をしてあげるって、なんだか親の愛を感じることができます。
最近では、大手銀行の借り入れの金利も昔よりも少しばかり安くなってきているので、結構敷居が低いかもしれないです。

私が金融機関から借り入れをした時と言えば

37歳 女性
私が金融機関から借り入れをした時と言えば、やはり住宅ローンが一番大きな金額でドキドキしました。

銀行員の方は、そういった住宅ローンの相談などは慣れている、し業務だから平然としたものでしたが、一市民としては、年収の何倍もの金額を借りるわけですので緊張や不安はとても大きなものです。
どこに印鑑を押せばいいのか、この借用書に書いてある文言はどういうことかなど、様々なことを色々聞いてようやく住宅ローンを借りたのですが、あの時は終わった後にフルマラソンを走った後のようにどっと疲れが出てしまい、その後はしばらく放心状態でした。

今の時代、お金を銀行に預けたって大した金利ではないし、額でもないから利子も雀の涙のようなものです。
それなのに借りるとなると、利子がものすごく高くて銀行っておいしい商売だなと、ちょっと憎らしく感じてしまったりしました。
今も住宅ローンを返済中ですが、元利金等で払っているのでなかなか減らないのが歯がゆいです。

オススメワード

Copyright (C)2014金融機関から借入をしたい時・した時.All rights reserved.